疲れやすい人は胸で呼吸している!疲れにくい体を作るIAP呼吸法

日常

なんだか毎日すごく疲れる…大して身体を動かしている訳じゃないのになんで?

そう感じている人は、疲れやすい体になっているのかもしれません。

疲れやすい体…?

実は激しい運動をしたわけでも無いのに疲れを感じる原因は、「脳の疲れ」にあるんです。

疲れやすい体の原因である「脳の疲れ」を改善するために、

疲れにくい体の土台を作る呼吸法「IAP呼吸法」についてお話しします。

スポンサーリンク

疲れやすい人は”胸”で呼吸している!疲れにくい体を作るIAP呼吸法

「スタンフォード式疲れない体」には、「疲れやすい人は胸で呼吸している」と書かれています。

 

???

 

胸で呼吸するって普通じゃね?

 

そう思いますよね?私も思いました。

では、なぜ胸で呼吸していると疲れやすい体ができてしまうのか?

著者でスタンフォード大学スポーツ医局のアスレチックトレーナ山田知生さんは、

激しく身体を動かしたわけでも無いのに疲れると感じるのは「自律神経と中枢神経がうまく機能していな状態」だと言います。

 

自律神経が乱れると「なんか調子が悪い」状態になり、

中枢神経の指令が身体の末端に上手く伝わらないと「なんかだるい、体が重い」という状態になるのです。

この、体は疲れていないのに脳が「疲れた」と感じる脳疲労の状態を引き起こす原因になるのが「体の歪み」。

 

胸で呼吸すると呼吸が浅くなり、体幹部分に力が入らず、体の中の圧力(腹圧)がかからない状態になります。

猫背になったり反り腰だったり、姿勢が悪いと内臓の位置も少しずつズレてきて、神経の伝達もうまく行かなくなるのです。

これが、疲れやすい体の正体。

 

そして、歪んだ体を正し、内臓の位置をあるべき場所に戻すのが「IAP呼吸法」です。

IAP呼吸法を行うことで、体の内側からの圧力「腹圧」を高めて、内臓をあるべき場所に戻すことで歪みを正すのです。

 

で、「IAP呼吸法」ってどうやるの?

 

それについては、次で説明します!

疲れにくい体を作るIAP呼吸法のやり方

ここからは、「スタンフォード式疲れない体」に書かれていた方法を紹介します。

IAP呼吸法の基本

IAP呼吸法の「IAP」とは、日本語にすると腹腔内圧。お腹の空洞の圧力、腹圧と言うことです。

腹圧を高めて呼吸するので、胸(肺)いっぱいに空気を吸い込む「深呼吸」とは違う呼吸方法なのです。

このことを頭に入れてやってみましょう!

IAP呼吸法のやり方

手順1

肩と耳のラインを真っ直ぐに合わせて椅子に座ります。

お腹と太腿、膝は90度になるようにしてください。手の平を上に向け、指先がお腹がわに向くようにして膝の上に乗せます。

IAP呼吸法|疲れにくい体を作る呼吸法

出典元:「スタンフォード式疲れない体」
手順2

両手をそのまま胴体に向かってスライドさせ、足の付け根に指先を軽く差し込みます。

IAP呼吸法|疲れにくい体を作る呼吸法

出典元:「スタンフォード式疲れない体」
手順3

5秒かけてゆっくり鼻から息を吸いながら、足の付け根に差し込んだ指を押し返すようにお腹を膨らませます。

これが腹圧を高めた状態です。

IAP呼吸法|疲れにくい体を作る呼吸法

出典元:「スタンフォード式疲れない体」
この時、横隔膜をしっかり下げるために、肩が上がらないようにしましょう。

 

手順4

5〜7秒かけてゆっくり息を吐きます。

お腹は膨らませたまま息を吐きましょう。

IAP呼吸法|疲れにくい体を作る呼吸法

出典元:「スタンフォード式疲れない体」
息を吐く時も腹圧を高めたまま吐きましよう!指を押し返すように膨らませたお腹が凹まないように注意してみましょう。
あとは、手順3と4を5回ほど繰り返して終了です。
・・・
・・・・・
めっちゃムズ
やってみたけど超ムズイ。
「息を吸う時に肩を上げない」って所からもうムズイ。
本によると、いきなりは難しくても、毎日続けていると徐々に感覚が掴めてくるそうです。
私も今は毎日続けていますが、初めてやった時よりは横隔膜が下がるような感覚が掴めてきた気がします。

まとめ:IAP体呼吸法で体の歪みを戻して疲れにくい体を手に入れよう

今回は体の中の歪みを正し、神経との伝達を良くして疲れにくい体を作る「IAP呼吸法」を紹介しました。

普段意識せずに行っている呼吸に脳疲労の原因があったなんて…。

IAP呼吸法は最初は難しいですが、1日に数回でも続けているとふとした時に呼吸を意識する癖がついてきますよ。

普段から服圧を高めた呼吸を行えるようになれば、体の歪みも抑えられて疲れにくい体を作れます。

 

毎日忙しくて運動が出来ない人にはピッタリだね。

AIP呼吸法、疲れにくい体についてもっと詳しく知りたい方は、「スタンフォード式疲れない体」を読んでみてください。

読みやすく、どれもすぐに実践できる方法でした。

仕事で運動する時間がない人、運動が苦手な人にはオススメです。

created by Rinker
¥1,650 (2021/09/17 20:37:26時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント